KANNABI株式会社は「CBDをより身近なものに」をコンセプトにCBD製品の販売・製造。原材料仕入れやOEMなどのご相談を受け付けております。

CBDとは?危険なの?ストレス緩和など効果は本当?


「CBD(カンナビジオール)」は、大麻草などに含まれる成分のひとつで、近年とても話題となっています。

一体、CBDとは何なのか。大麻草から作られるCBDは合法なのか、期待できる効果や副作用の有無、摂取方法などまとめてみました。

CBDを正しく知り、ご自身にあった摂取方法で使用してみましょう。

CBDとは

大麻から採れる成分の一種

CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称です。大麻からとれるカンナビノイドという成分の一つで、麻(大麻草)の茎や種子から抽出される成分です。THC(後述)とは異なり精神へ与える作用(精神作用)や中毒性がないことで知られており、医療や健康・美容業界から注目を集める成分です。

また、当社の社名「KANNABI」の由来のひとつにもなっています!

※社名の由来についてはこちらから

CBDは合法?大麻ではないの?

大麻と聞くと、麻薬を連想される方は非常に多いと思います。

実際に大麻草から抽出される成分であることは間違いないのですが、日本の法律(大麻取締法第一条)では「大麻とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く)、並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」と記載されています。

その為、大麻草由来の物でも法律に則り販売されている物は多いです。例えば鳥のえさや七味唐辛子の中に含まれている麻の実は、加熱処理を施し土に埋めても育たないように加工することで合法的に販売できます。これと同様に大麻草由来であっても日本で販売されているCBDは、厚生労働省・検疫所に成分分析表・製造工程表などを提出し、成熟した茎や種子を原料としていることを証明が出来るものは合法で販売可能です。

もちろん、当社が取り扱っているCBD原料についても製造ロット毎に成分検査を行っております。

CBDとTHC

大麻には数百種類のカンナビノイドが含まれており、良く耳にするのはCBD(カンナビジオール)THC(テトラヒドロカンナビノール)の2つですが、大麻=麻薬のイメージである「摂取するとハイになって多幸感あふれ、依存など中毒症状を起こす」成分がTHCです。前日のとおりCBDは合法ですがTHCは日本で麻薬に指定されている禁止成分です。

CBD(カンナビジオール)=深いリラックス作用が得られる(合法)
◆大麻草の茎や種子から抽出される成分で脳に働きかけ、鎮静化作用がある。
◆神経に直接作用し、セロトニンやドーパミンといった神経伝達物質に対して反応するため、慢性的なストレスの緩和につながると考えられている。
◆よく勘違いされる効果としてあげられる「気分の高揚=ハイ状態」や、中毒性はなし。

THC(テトラヒドロカンナビノール)=ハイになり、中毒性がある(非合法)
◆大麻草の花、穂、葉、根から抽出される成分で精神に働きかけ、中毒性がある。
◆違法薬物としての大麻成分で、医療用大麻などに含まれている。
◆吸引すると、「ハイ」になるといった精神作用を引き起こして依存性があるため、日本では麻薬に分類され規制されている。

◆補足◆

CBDやTHC以外の天然成分として、CBN、CBC、CBG等のカンナビノイドやテルペン、アミノ酸、鉄、亜鉛、ビタミン、オメガ3、クロロフィル、フラボノイド等が数百種類のカンナビノイド混在しています。
CBN(カンナビノール)とはレアカンナビノイドとして知られている様に抽出量が1%未満と非常に少なく、痛みの緩和、炎症を抑え、睡眠補助の作用があるとされている。
CBC(カンナビクロメン)とはCBGに由来し、特に他の抗生物質の治療に耐性のある感染症において、強力な抗菌効果があるとされている。CBCが神経変性状態(アルツハイマー病)から脳を保護し、脳で新しい細胞の成長を促進する神経保護効果を有するという研究結果も有り
CBG(カンナビゲロール)とは抗菌性、鎮痛性、腫瘍の成長抑制、骨形成、抗うつなど、様々な効果があるとされている。

CBDの製法による違い

次はCBDについて詳しく掘り下げてみましょう。

CBD原料にはその製造方法の違いにより①フルスペクトラム、②ブロードスペクトラム、③アイソレート、④ディスティレートの4種類があります。

フルスペクトラム
もっとも自然に近い成分ですがTHCを微量含んでいる可能性があり、日本では規制されています。


ブロードスペクトラム
THC以外のカンナビノイド(CBN、CBC、CBG等)が複合的に含まれているので、アントラージュ効果より薬効範囲が広いと言われています。主にオイル状で、少し独特な苦味があります。
※アントラージュ効果 :「同時に複数の成分を摂取することで個々の効果が増幅され、より高い効果/相乗効果が見込める」という理論です。

アイソレート
禁止成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)を全く含まず無味無臭です。その為、ほとんどの製品はこちらをベースに加工してあるものが多いです。

④ディスティレート
近年開発された比較的新しい抽出方法で、ディスティレートとは「蒸留」を指します。ブロードスペクトラムと同様にCBD以外の成分も抽出でき、アントラージュ効果が期待できます。また、一番の特徴として不純物を含まずに抽出できることからオイル等の商品によく使用されます。

期待できる効果と副作用

◆身体の不調を整える◆


CBDは前述のとおり大麻草など植物から抽出される成分ですが、実は人間も内因性カンナビノイドと呼ばれるカンナビノイド成分を体内で生成しております。カンナビノイドは体内に不調が起こった時に神経伝達物質として体内を流れていく役割があるのですが、そのカンナビノイドを受け取る器官がカンナビノイド受容体です。カンナビノイド受容体は脳・肺・血管・腸など全身の様々な場所に分布しており、カンナビノイド受容体はカンナビノイドから体内不調の報せを受け取ると、周辺の細胞に不調を整えるよう働きかけます。

この身体の調整機能をエンドカンナビノイドシステム(ECS)といいます。人間が生活していく上では欠かすことのできない機能のバランスを整える非常に重要な役割を担っているシステムですが、外部からの強いストレスや老化に伴って働きが弱ってしまうという研究結果もあるそうです。働きが弱るとカンナビノイド欠乏症になり、体内不調の伝達が上手く機能しなくなります。
そこで、CBDに含まれる有効成分の植物性カンナビノイドを体内に取り入れることで、カンナビノイド欠乏症を解消し、病気の治療を期待できる可能性があると多くの研究機関で研究を進めているそうです。

少し難しい話になってしまいましたが、「CBDは老化やストレスなどで起きる身体の不調を整えてくれる可能性がある」という理解で良いと思います。

◆ストレス緩和・リラックス作用・精神疾患◆


CBDに期待できる効果の一つは、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質に影響を与え自律神経を整えてくれるので、ストレスを緩和し、不安を軽減してリラックス効果を得られることです。

長期間不安やストレスを抱えていると、うつ病などの精神疾患につながる懸念があるため、摂取することで精神的な不安などを解消できるのではないかと考えられています。
精神疾患に関しては一部の研究者の間で同様の論文を発表していますがまだ限定的で、今後多くの研究者の発表に期待されています。また、てんかんに関しても国内外での研究が進み、海外ではてんかん用の医薬品が、米国で2018年6月に販売承認されました。日本国内でもエピディオレックスという薬が2019年に治験を開始しています。

◆不眠・健康◆

それ以外に期待できるのが不眠を緩和することです。不眠症の方がCBDを使用したことで、睡眠時間の延長が見られた事や、PTSD(心的外傷後ストレス障害)による睡眠障害の人にも効果があったという報告があります。

また近年ではアメリカを中心とした諸外国の研究論文において『カンナビジオール(CBD)には 「抗酸化作用」「抗糖化作用」「抗炎症作用」があると報告があるそうです。

◆副作用について◆

CBDは副作用がほとんどなく、安全とされています。

引用:『カンナビジオール(CBD)事前審査報告書』世界保健機関(WHO)

しかし、CBDを飲用摂取したときに一部の人で軽微な副作用があるといわれております。

例えば、口の中が乾くことや強い眠気、立ち眩みなどだそうです。このため、摂取後に車や自転車の運転は注意が必要です。
また、薬を常飲しているという方は、その薬とCBDとの間に相互作用がないかどうか、かかりつけ医に相談することが推奨されます。

CBDの使い方

CBD入り商品としてよく見かけるのはリキッド(VAPE用)・オイル・パウダー・カプセル・グミ・飲料・化粧品などがあります。それぞれの商品の特性を理解し、使用することが重要となります。

CBD商品は米国では3年ほど前から健康志向の方を中心に人気が出ており、50歳以上のかたの使用も多いそうです。日本では認知度がまだ高くないため製品流通量も少ない状態ですが、日本でも徐々にCBDは広がっています。

都内にはCBDカフェやCBD専門店もできており、我々KANNABIでも「CBDをより身近なものに」をコンセプトに商品開発を行っていきます。

CBD製品の摂取方法による違い

①吸引摂取(VAPEなどリキッド)

効果出現時間:数秒~10分

持続時間:30分~1時間

吸収率:34~56%

②経口摂取(グミ・飲料)

効果出現時間:30分~2時間

持続時間:カプセル46時間

     食品~12時間

吸収率:1335%

③経口摂取(オイル)

効果出現時間:15分~1時間

持続時間:48時間

吸収率:13~35%

※舌下摂取の場合

③経皮(化粧品)

効果出現時間:2時間

持続時間:5時間~

吸収率:1350%

摂取方法による違いはそれぞれでかなり違うようですね

一般的にはCBDオイルを舌下摂取(舌の下に垂らして数分待機する方法)が比較的早く効果が表れ持続時間も長いとされています。

当社で開発しているオイルはもちろん飴も長時間口の中で溶けていますので舌下摂取に近い効果が期待できると考えています。

オイルはちょっと…という方やこれからCBDを始めてみたい方、もっと気軽に摂取してみたい方などにオススメです!

容量の目安を知り安全に

CBD 配合の健康食品は医薬品ではございません。その為、誤認を与える様な表現や用法容量を細かく記載することはできません。その為、ご自身の判断の元、摂取する形になります。

参考までに健康食品としての摂取量の目安としては、経口摂取や吸入摂取において CBD の1日あたりの推奨用量は 5~100mg と言われています。

大麻由来と聞くと抵抗を感じる人も少なくありませんが、日本国内で販売されている物は成分検査もされており安全に摂取できる成分がほとんどです。ストレスで悩んでいる人や、不調により不安を感じている人には是非試して頂きたいと感じています。

また、摂取方法もご自身にあった方法を見つけていき、試してみてみましょう。

KANNABI株式会社では皆さんがもっと気軽にCBDを摂取できるよう製品開発に取り組んでいきます。

また、当社のCBD製品はコーシャ認定を受けた原料から制作しており自信をもっておすすめできます。
詳しくは「当社のCBDについて」をご覧ください。


※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※記載されている内容について日本国内での適法性や、記載されている内容の正確性は当社は保証しません。
※当サイトは大麻(THC)等の法律で禁じられている成分の使用を推奨するものではありません。
※本記事を転載、または引用をされる場合は、ご一報お願いいたします。

PAGE TOP